塾講師派遣・紹介のティーチャーバンク 首都圏版

アルバイトから正社員まで、プロのスタッフがあなたの塾講師のお仕事探しを徹底サポート

「塾講師」専用履歴書作成ツール
操作説明

×

【基本操作】
・「基本項目」「学歴・職歴」「専門項目アピール」の3つのタブの内容を入力してください。
各タブを入力して「保存」するとタブ右の進捗率が変化します。100%を目指して入力してください。
・「アドバイスあり」アイコンをクリックすると該当項目を入力するうえでの「注意事項」や「ポイント」がバルーン表示されます。
もう一度押すとアドバイスのバルーンが非表示になります。
・入力後に「履歴書を出力」ボタンを押すとPDFで履歴書が作成されます。
※途中までの入力でも履歴書の出力は可能です。
・入力後の「履歴書」はティーチャーバンクの案件だけでなく、他の塾の面接でも利用可能です。
・出力後の履歴書の見本はこちらからご覧ください。

基本情報

お名前
姓  名 
ふりがな
せい  めい 
性別
  
生年月日
 年  月  日
現住所
郵便番号
郵便番号から自動入力 郵便番号を調べる
都道府県
市区町村
番地
建物名
現住所/ふりがな
自宅電話番号
 -   - 
携帯電話番号
 -   - 
Eメールアドレス(PC)
Eメールアドレス(モバイル)
写真

証明写真

※縦横比4:3のJPEG(推奨)、PNG画像をアップロードできます。
※画像はアップロードすると400px × 300pxの画像(縦横比4:3)にリサイズされます。(サムネイル表示サイズは200px × 150px)
※PDFの場合は40mm × 30mm(縦横比4:3)で出力されます。

ヒント アドバイスあり!

×

【NG項目】
・日常生活で撮影した写真を切り抜いて使用する。
・パスポートや運転免許証のために撮影した写真を、履歴書のサイズに切り抜いて使用する。
(履歴書:縦4cm×横3cm、パスポート:縦4.5cm×横3.5cm、運転免許証:縦3cm×横2cm)
・1年前に撮影した写真を使用する。
・スーツやジャケットを着用せずに撮影した写真を使用する。
・無表情、もしくは暗い表情で撮影した写真を使用する。
・アゴを引きすぎている、もしくは上げすぎている状態で撮影した写真を使用する。

【OK項目】
・撮影前に、顔のテカリをあぶらとり紙で拭き取る。
・撮影時には、歯が見えない程度に軽く口角を上げる。
・リクルートスーツ、もしくはダークカラーのジャケットを着用して撮影する。
・撮影したらモノクロコピーをして、見づらくないか確認する。
・履歴書から剥がれたときを想定し、写真を貼り付ける前に裏面に氏名を記入する。

学歴

  •  年  月

追加する追加

ヒント アドバイスあり!

×

【学歴のアドバイス】
・学歴は中学卒業からでOKです。
・中学受験を経験しているようでしたら記載して強みをアピールしましょう
・高等教育で応募職種を生かせる専攻や研究テーマがあるようでしたら、具体的に記載しましょう
・学校名は略さずに正式名称で記載し、「高校」ではなく、「高等学校」と書きましょう

【操作のヒント】
+「追加」ボタンを押すと学歴の行がひとつ増えます。?ボタンを押すと学歴の行が削除されます。
追加できる行は10行までです。

職歴 (教育機関歴・アルバイト含む)

  •  年  月
    業務内容/その他

追加する追加


※10行以上は表示されません。
※「職歴内容/その他」を入力した場合、こちらも1行とみなされます。
ヒント アドバイスあり!

×

【職歴のアドバイス】
・時系列に記載し、会社名・学校名(塾名)は略さずに正式名称で記載しましょう。
・塾での指導歴は自身の強みになりますので、必ず記載しましょう
・教育業界での勤務経験がある場合には、必ず勤務形態(専任/準専任/アルバイト)も記入しましょう。
・退職時の理由は、自己都合の場合は「一身上の都合により退職」、契約終了の場合には「任期満了により退職」と明記しましょう。

【操作のヒント】
+「追加」ボタンを押すと職歴の行がひとつ増えます。?ボタンを押すと職歴の行が削除されます。
追加できる行は10行までです。
※10行以上は表示されません。
※「職歴内容/その他」を入力した場合、こちらも1行とみなされます。

免許・資格

  •  年  月
    内容/その他

追加する追加


※6行以上は表示されません。
※「内容/その他」を入力した場合、こちらも1行とみなされます。
ヒント アドバイスあり!

×

【免許・資格のアドバイス】
・免許・資格の正式名称を記載します
・専門性の高い知識、経験、スキル等が求められる資格は積極的にかきましょう

【操作のヒント】
+「追加」ボタンを押すと資格の行がひとつ増えます。?ボタンを押すと資格の行が削除されます。
※6行以上は表示されません。
※「内容/その他」を入力した場合、こちらも1行とみなされます。

指導可能教科

◆小学生

◆中学生

◆高校生

◆その他

ヒント アドバイスあり!

×

【希望指導教科】
指導経験が無くても得意教科であればチェックを入れてください。
生の算数や国語、中学生の英語・数学・国語は人気教科です。
『事前に予習をすれば指導可能』や『低学年なら指導可能』など、条件がありましたら本人希望記入欄に入力ください。

自己PR・志望動機例文を見る

ヒント アドバイスあり!

×

【自己PR・志望動機】
※入力できる行数は11行が最大です。プレビューを確認しながら入力して下さい。

・自己PR・応募理由は具体的な経験を活かして記載するようにしましょう。
・教員志望や大学での教育実習経験等は学習塾での勤務に対して非常にプラスになります
・勤務条件を記載する場合には、ネガティブなイメージよりもポジティブに表現できるようにしましょう
例1)
「週1日しか入れない」⇒「今は週1日の勤務希望ですが、慣れて来たら、もう少し多く勤務したいです」
※入れる授業数が少ないという印象を与えないこと
例2)
「英語しか出来ません」⇒「英語が一番得意で自信があります。それ以外に国語/社会など文系科目も指導できます
※担当科目が多いほうが勤務コマ数が多くなることが想定されます
例3)
「学業優先のため、短期での勤務を希望します」⇒「希望勤務期間としては、年度末(3月末)までを希望します。条件次第では来年度の勤務も可能です。
※長期勤務希望者が優位な場合があります。条件によっては継続勤務が可能であれば、前向きな勤務を表現したほうが採用につながりやすいです

その他

ご自宅最寄り駅
  •  線  駅
勤務先・通学先最寄り駅
  •  線  駅
扶養家族
人数(配偶者を除く):   人   

本人希望記入欄(給与・職種・勤務時間・勤務地・勤務開始希望日その他についての希望)

ヒント アドバイスあり!

×

【本人希望記入欄のアドバイス】
※入力できる行数は7行が最大です。プレビューを確認しながら入力して下さい。

■給与:希望するおおよその金額を記入します。
ex)月給・時給○○円以上希望
■職種:希望職種を記入します。
ex)教室長希望・専任講師希望・アルバイト講師希望
■希望勤務時間:勤務可能な時間帯を記入します。
ex)14時~22時
■希望勤務地:希望する勤務地(エリア)を記入します。
ex)自宅から電車で○○分圏内の校舎を希望
■勤務開始希望日:勤務を開始できる日を記入します。
ex)○月○日以降勤務可能

但し、上記全てを記入することは必須ではございませんので、
特段希望が無い、或いは要望する必要が無いとお考えの方は、「御社規定に従います。」でも大丈夫です。
※ご自身の履歴において特筆すべき点がある方、更にアピールしたいことがある方はこちらに記入して頂いても結構です。

TOP